Staff

山口 光國 山口 光國   ヤマグチ ミツクニ
1961年生まれ 長野県出身  理学療法士
高校卒業後、日本サッカーリーグの日立製作所(現 柏レイソルズ)に FWとして入団。故障から21歳で引退し、都立府中リハビリテー ション専門学校に入学。卒業後、昭和大学藤が丘リハビリテーション 病院に入職し、身体運動を熟知したリハビリテーションの専門家 として治療にあたる。一般からプロスポーツ界まで幅広く対応し、 スポーツ界では野球はもとより、サッカー、テニス、ゴルフなど多く のジャンルのプレーヤーからの信 頼も厚い。 2005年からは、肩の故障で苦しんだ現役時代からの絶大なる信頼 関係のある牛島氏の要請を受け、横浜ベイスターズにフィジカル コーチとして就任。05、06年と肩の故障者を出さないという功績を 果たす。2007年からは、多くのプレーヤーからの要望に応え独立。 また、昭和大学在籍中は同大学整形外科特別研究生として、整形外科 疾患、特に肩関節を専門に研究活動を行い、セミナー、学術集会で 講師を務めるなど幅広く活躍。日本理学療法士協会会員、日本肩関節 学会会員、アジア肩関節学会会員。さらに2009年に桜美林大学 大学院健康心理学修士課程を終了し、日本健康心理学会会員となり、 心身両面から対応についての研究に携わり、現在も研究を続け ながら一般、スポーツはもとより、医療従事者にむけての勉強会、 講演・セミナー活動も積極的に行っている。

安里 和也 安里 和也   アサト カズヤ
1974年生まれ 沖縄県出身  理学療法士
専門は、下肢 ( 股関節・膝関節・足関節 ) ~ 体幹 ( 頚・腰など )
重力環境下での ヒトの動き に興味を抱き、日々、研鑽している。

高校卒業後、一度は建築を勉強するも、“ ヒト ” と直接触れ合える職業への想いが募り、 中途退学し、 沖縄リハビリテーション福祉学院 へ入学となる。
リハ学院卒業後、整形外科及び脳外科を中心とする総合病院の一つである 大浜第一病院 ( 沖縄県那覇市在 ) に在籍し、急性期~回復期~維持期・訪問リハ・外来リハ、 入所リハ・通所リハなど リハビリテーション に関わる期間の対象者を一通り経験する。
病院勤務時代は、 小児 から 超高齢者 、 スポーツ から 介護指導 まで幅広く対応。

2004年 ポスチャー研究会 ( 現 : 文京学院大学ブラッシュアップコース ) に参加。
年間を通して、 姿勢から考える理学療法 を学ぶ。
2006年4月沖縄を離れ横浜へ赴き、 仲町台さいとう整形外科 にて外来リハビリに従事する。
入谷式足底板 上級者コース 修了し、Dianne Lee や Linda Joy Lee 、 Thomas W. Myers など海外講師の講習会も修了。 その後も 入谷式足底板 step2 評価セミナー など修了。
2010年1月 フィジストレーナー の事業に携わり、翌月より セラ・ラボ の立ち上げに携わる。
2011年7月 復興支援を兼ねて 桑野協立病院 ( 福島県郡山市在 ) へ 1年9ヶ月間 出向。
2013年4月 セラ・ラボ 復職。
2014年4月 セラ・ラボ の職員という立場から 個人事業主 として独立し、 シェアパートナー として セラ・ラボ に携わることとなる。
2016年1月 足と歩きの研究所 にて 入谷式足底板(インソール)の作成・調整業務 にも携わることとなる。
医療従事者にむけての勉強会、講演・セミナー活動なども積極的に行っている。

牛島 幹也 牛島 幹也   ウシジマ ミキヤ
1988年生まれ 東京都出身 
セラ・ラボ受付業務だけでなく、多岐にわたる裏方の仕事を行い、 セラピスト ・ クライアント が心地よい空間を共有出来るよう日々、汗を流している。








室内の風景 はこちら。

ABOUT Therapy Laboratory

肩 ・ 腰 ・ 膝 などの身体の不調に対してはもちろん、
健康維持 ・ 増進 、そしてスポーツ活動のパフォーマンスアップなど、
調身 と言う対応で、今、最も望ましい状態へと促すことを目指しています。


調身 とは、体だけではなく心も環境も考え対応しようとするものです。
また、一般でいわれる良い状態と言うものを押し付けるのではなく、
今、現在、最も望ましい対応を、その方の状態、能力、特徴、
そして置かれている周りの状況に応じ選択して行くものです。


もちろん、変化に応じレベルアップし、
未来に向かって心と体の健康度を上げてゆくものですから、
寝てしまうような無理のない刺激によるコンディショニングや、
だれでも手軽にできる簡単な体操から、
プロスポーツ選手が必要とするコンディショニングや
パフォーマンスアップのための特別な運動まで、幅広く対応しています。






セラ・ラボ の活用法・・・


このような特徴から、プロスポーツ選手も多いものの、下は1歳のお子さんから、
上は80歳超えの高齢者が普通にお見えになり、
同じ空間で過ごしていることもよくある光景です。


さらに、各科の医師とはもちろん栄養士、心理士、プロスポーツ指導者と連携し、
必要に応じ紹介できるよう体制を整え、今も拡充しており、
逆に、各分野の専門家から依頼を受け、
時には病院、治療院からの依頼により他の診療と
セラ・ラボ での 調身 を平行させながら対応していることもあります。
実際、地方の方の中には、地元の治療院の先生と一緒にお見えになり、
お互いが協力し合い最も望ましい対応を図ることもしばしばです。


もちろん、不調な方だけではなく、どこも不調はないけれど、
疲れを感じるからチェックを兼ねてコンディショニング調整に、
おみえになる方もいます。
また、特に野球選手の場合、希望により
体のチェック、コンディショニング調整と合わせ、
元 プロ野球選手 の 牛島和彦 氏 による
スタジオでの技術指導も行っています。




セラ・ラボ は、一人一人が持っている能力を
最大限に引き出し、使えるように促し、
未来に向かって、
体も心もより良い状態へと向かえるようサポートします。







セラ・ラボ

調身風景 調身風景

牛島和彦 による投球指導 牛島和彦 による投球指導

セラピストに向けた講習会 セラピストに向けた講習会